« 一難去ってまた一難☆ | トップページ | そういえば☆ »

心配させてしまいました☆

一個前の記事へコメント下さったみなさんへ☆

さくちゃんへお見舞いの言葉をどうもありがとうございます。
まとめてでのお返事でゴメンなさいweep

さくちゃんは胸から変な皮膚がプラプラぶら下がっているのがいつもと違うとこですがあとはいたって元気&毎日食欲満点smileです。
まだ6歳、といってもゴールデンではもうシニアな年齢。。。
それにゴールデンは腫瘍が少し心配な犬種。
大したことないと思っていたモノがこんなになっちゃって少しうろたえ気味ですsad

今日病院へ行く予定だったんだけど予定変更で明日会社から帰ってからさくちゃんと一緒に病院へ行ってきます。

多分、血液検査とレントゲンかな?

細胞針もやりますか?
(細胞針=少し太めの針を患部に挿して組織を取り悪いものかそうでないか判断する・・・ような感じcoldsweats01
と聞かれたけど痛いだけで意味がないのは私の経験上分かっているのでそれはヤメにしました。(あくまでも私的考えですpaper

皮膚を切除する事は確定なのですが問題は麻酔です。
さくぱぱと話してやっぱり全身麻酔に抵抗があるので部分麻酔で行ってもらう方向でflairと思ってます。
取った皮膚は病理に回して悪いものか気にしなくていいものか判断がつくそうです。

多分。
大丈夫だと思います。
いや。。。絶対に大丈夫なはずsign03

大丈夫、大丈夫と言葉に出して言っていればその言葉が魂を持ってその通りになるから。

心配しすぎないように気をつけます。

なんだか支離滅裂で読みにくくてすみません。

|

« 一難去ってまた一難☆ | トップページ | そういえば☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一難去ってまた一難☆ | トップページ | そういえば☆ »